管内の農産物

管内の農産物

 JAさいかつ管内で育てられる旬の美味しい農産物。どれも、生産者のこだわりがぎゅっとつまっています。みなさんの暮らしのそばにある農業をご紹介します。

米(うるち米)

 私たちの食生活に欠かせない主食「米」。お米にはパワーの源となるでんぷんの他、脂肪やたんぱく質、ビタミンB1やビタミンEなどの栄養素がふんだんに含まれています。
 9月頃からその年に収穫された「新米」が出回り始めます。令和元年産の埼玉県内の生産量は154,200トン。そのうちJAさいかつ管内で生産された米は6,822トンでした。
 JAさいかつ管内は江戸時代の昔から水田開発による良質な早稲米の産地でした。お米にはコシヒカリやササニシキといった多様な品種があり、埼玉県では、それらの品種を掛け合わせるなど長年の研究成果により「彩のかがやき」や「彩のきずな」というおいしいお米を誕生させました。また、農薬と化学肥料を通常の5割以下に抑えて作る特別栽培米もあります。納得の味をお試し下さい。

お米

埼玉県のブランド米

  • 彩のかがやき
  • 彩のきずな

吉川のしずく

 埼玉県吉川市では特別栽培米(食味80以上を厳選)を「吉川のしずく」としてブランド化しています。
べじ太くん(三郷市とれたて野菜直売所)ハッピーこまちゃん(八潮市ふれあい農産物直売所)フレッシュファーム(フレッシュファーム産直部)で販売しています。

特別栽培米生産過程等に関する情報はこちら

吉川のしずく

小松菜

 栄養が高く、クセがないため多彩な料理に活躍。
 秋から冬にかけて甘味が増し、よりおいしくなります。

 平成30年度の収穫量は埼玉県で14,700トン。なかでも八潮・三郷・吉川は全国でも上位クラスです。

 小松菜は江戸時代に現在の江戸川区小松川付近で栽培されはじめ、次第に全国に広がっていきました。管内では八潮市と三郷市の小松菜が有名ですが、小松菜の名は、将軍吉宗が鷹狩りに立ち寄ったとき、名もなき青菜にその地である小松川から名を付けたとも言われています。小松菜は手軽でどんな料理にも使える冬野菜の代表選手です。

ネギ

 生で刻んで薬味に、煮込んで鍋に。焼いてよし、炒めてよし。

 和洋中どんな料理にも使える万能野菜です。

 平成30年度の収穫量は埼玉県で55,000トン(全国2位)。なかでも吉川市は県内でも上位クラスです。

 埼玉県のネギと言えば、県を代表する野菜のひとつです。とりわけ吉川のネギは、葉の巻きがしっかりしており、その白身は長く、軟らかく、煮崩れしにくく、味が良いとされています。

 吉川市は首都圏30km圏内に位地しながら、中川・元荒川・江戸川の三つの河川に囲まれた農耕的に肥沃な土壌(沖積土壌)で、その土壌の良さが品質の高さに繋がっています。吉川のネギは、明治の初期に栽培が始まったと言われており、ネギの指定産地にもなっています。

枝豆

 ビールとの組み合わせで最高のおつまみ——。それだけではもったいないかもしれません。健康志向の人にもおすすめの農作物です。

 平成30年度の収穫量は埼玉県で5,870トン(全国4位)。

 JAさいかつ管内で採れる夏の風物詩野菜といえば枝豆ではないでしょうか。枝豆は「畑の肉」と言われている大豆と同じ良質なタンパク質、カルシウムやビタミンA1、ビタミンB2、食物繊維、そして大豆にはないビタミンCも含みます。枝豆にはサヤムスメ・サッポロミドリ・味風香(あじふうか)といった名前の青豆や茶豆風味などがあり、現在品種の数は400以上あります。

 奈良、平安時代にはすでに、現在のように茹でて食されていました。埼玉県では明治時代には栽培が始まっていたといわれ、現在埼玉県は全国で収穫量4位を誇っています。

 枝豆は品種や栽培技術によって味が大きく変わります。枝豆は鮮度が命!とれたての枝豆は、風味も味わいも最高です。JAさいかつ管内のとれたて新鮮な枝豆をぜひ一度ご賞味ください。