管内の農産物

管内の農産物

 JAさいかつ管内で育てられる旬の美味しい農産物。どれも、生産者のこだわりがぎゅっとつまっています。みなさんの暮らしのそばにある農業をご紹介します。

米(うるち米)

 私たちの食生活に欠かせない主食「米」。9月頃からその年に収穫された「新米」が出回り始めます。平成30年度の埼玉県内の生産量は155,400トン。そのうちJAさいかつ管内で生産された米は6,754トンでした。
 JAさいかつ管内は江戸時代の昔から水田開発による良質な早稲米の産地でした。お米にはコシヒカリやササニシキといった多様な品種があり、埼玉県では、それらの品種を掛け合わせるなど長年の研究成果により「彩のかがやき」や「彩のきずな」というおいしいお米を誕生させました。また、農薬と化学肥料を通常の5割以下に抑えて作る特別栽培米もあります。納得の味をお試し下さい。

お米

埼玉県のブランド米

  • 彩のかがやき
  • 彩のきずな

吉川のしずく

 埼玉県吉川市では特別栽培米(食味80以上を厳選)を「吉川のしずく」としてブランド化しています。
べじ太くん(三郷市とれたて野菜直売所)ハッピーこまちゃん(八潮市ふれあい農産物直売所)フレッシュファーム(フレッシュファーム産直部)で販売しています。

特別栽培米生産過程等に関する情報はこちら

吉川のしずく

小松菜

 栄養が高く、クセがないため多彩な料理に活躍。
 秋から冬にかけて甘味が増し、よりおいしくなります。

 平成30年度の収穫量は埼玉県で14,700トン。なかでも八潮・三郷・吉川は全国でも上位クラスです。

 小松菜は江戸時代に現在の江戸川区小松川付近で栽培されはじめ、次第に全国に広がっていきました。管内では八潮市と三郷市の小松菜が有名ですが、小松菜の名は、将軍吉宗が鷹狩りに立ち寄ったとき、名もなき青菜にその地である小松川から名を付けたとも言われています。小松菜は手軽でどんな料理にも使える冬野菜の代表選手です。

わたしの旬ごはん

 JA女性部のメンバーが考えたレシピを紹介。管内の旬の食材を使用しています。